スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

審査の甘い消費者金融

この記事は借金が既にあり、大手の消費者金融などでは審査に通らない方・既に一通り借り入れ契約済みで限度額まで使っているという方などに向け書いています。

そうでない方はこちらへどうぞ→消費者金融比較ガイド
モバイル版は→消費者金融比較ガイド モバイル


審査の甘い消費者金融という言葉をよく目にします。
資金繰りに困難し、藁にもすがる思いでこういった甘い誘惑に飛び込むのでしょうけれども
審査が甘いというのはどういうことなのか?

もし審査の甘い消費者金融をお探しでしたら、今一度冷静になって考えてみて欲しいです。

まず消費者金融の審査が厳しくなり始めたのが2010年の貸金業法の改正から。

改正貸金業法のなかに、総量規制や法定金利上限の引き下げなどがあり、消費者金融などの貸金業者にとって逆風となりました。

また、借金の契約を結ぶ際、貸金業者側にも監督責任を持たされたのです。
貸付を行うときの審査だけでなく、返済中にも債務状況が健全であるかどうかを消費者金融側が見る必要がでてきました。

つまり、現在の消費者金融の審査には返済能力の有無の他にも、途中で事故を起こさないかどうか、といった判断が組み込まれています。

これらの複合的要因によって消費者金融の審査はぐっと厳しくなっていったのです。

なぜここまで厳しくする必要があったか。
冷静になって考えて欲しいのはここからです。

審査が厳しくなったとは言え、今でも借り入れの出来る人は借り入れができます。
それでは、審査が厳しいと感じている方たち、借り入れのできない方たちは何が原因なのでしょうか?

それはつまり、自己の器を超えた借金を既にしているから、の一言です。

借金・債務を減らさないことには、生活が立ちいかなくなりますよ、といった警鐘が総量規制なのです。

借金で首が回らなくなる寸前なのに、それに気づかずさらに審査の甘い追加融資を受けようというのは
まさに自殺行為。

余談ではありますが、御存知の通り国内では自殺が頻発しており、普通の自殺ではニュースにすらならないほどです。因果関係の記されたソースなどはございませんが、借金苦と自殺、決して少なくない件数が結びついているのではないでしょうか?

消費者金融の審査に落ちるほどの資金難を長期的な目で改善していく必要があるはずです。

当座の資金繰りは当然大事ではありますが、審査が甘い消費者金融で借り入れに成功したとして、この先まっているのは、さらに苦しい借金生活ではないですか?

解決策は二つあります。

債務整理で過払い金を手に入れる
もしくは
おまとめローンによる、借金の低金利下・一本化

弁護士・司法書士による債務整理で借金生活から離れられることができるかもしれません。
また、おまとめローンを利用できれば、複数ある借り入れを一本化でき、金利も現状よりは低下します。

審査の甘い消費者金融を探す前に、まずはこれらを利用してください。

債務整理・過払い金NAVI
おまとめローンの中央リテール
スポンサーサイト

テーマ : 生活・暮らしに役立つ情報
ジャンル : ライフ

メニュー
リンク
バナー
消費者金融比較ガイド
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。